• よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
会員登録はこちら(無料)
  • トップページ
  • ビルダーネットとは
  • 会員専用サービスメニュー
  • 業界ニュース
  • 行政ニュース
  • 新商品ニュース

建築・観て・歩・記

このタイトルは「良い建築を歩いて観て廻り、記録と記憶に留める」という意味です。
皆さんに是非観て欲しい建築物を1回1物件で紹介してまいります。 「良い建築を造るには、良い建築を見る」ことです。
木造住宅という分野にとらわれずに、様々な用途、構造の建築を紹介していきます。
きっと、家造りのいいヒントになるでしょう。

第44回

ぶどうをモチーフにした和洋折衷の洋館 ― 旧神谷伝兵衛稲毛別荘 ―
神谷伝兵衛氏の別荘が千葉県千葉市にある。
大正7年に建築され、千葉市で最も古い鉄筋コンクリート建築物で造られた洋館である‥
続きを読む
旧神谷伝兵衛稲毛別荘

第43回

横浜の洋館2 ― エリスマン邸 ―
ベーリックホールと道を挟んだ反対側に洋館が見える。道路沿いに建っているのですぐに目に留まる。スパニッシュスタイルのベーリックホールとは対照的に白い外壁、白い窓枠、青い鎧戸でまとめた外観は、エーゲ海に浮ぶミコノス島にある建物のような印象を受ける‥
続きを読む
横浜の洋館2 ― エリスマン邸 ―

第42回

横浜の洋館1 ― ベーリックホール ―
横浜には有名な公園が数多くあるが、その中の一つが港の見える丘公園だろう。高台から横浜港やベイブリッジなどが一望できるデートスポットとして訪れる人も多い‥
続きを読む
建築と絵画2つの感動「ホキ美術館」

第41回

建築と絵画2つの感動「ホキ美術館」
東京のど真ん中、JR四ツ谷駅から徒歩十数分の場所に、敷地面積117,922m2(東京ドーム約2.5倍)の中に、建築面積5,153m2(1,558坪)、延床面積15,355m2(4644坪)の広さを持つ地下1階地上2階建ての建築物がある。建ぺい率と容積率に換算すると4.4%と13%だ。この建築物は迎賓館赤坂離宮である‥
続きを読む
建築と絵画2つの感動「ホキ美術館」

第40回

建築と絵画2つの感動「ホキ美術館」
「片持梁(カンティレバー)」とは、一端が固定支持され、もう一方の端が自由な梁(建築学用語辞典)のこと。オーバーハングともいう。意匠的にはダイナミックな表現ができ面白い構造形態だが、構造面からみると極めて慎重な設計が要求される難易度が高い構造である‥
続きを読む
建築と絵画2つの感動「ホキ美術館」

第39回

荘厳な祈りの空間「聖ルカ礼拝堂」
聖路加国際病院と言えば、文化人や財界人などが利用する病院としてニュースなどでも報道されるだけに知っている人も多いだろう。その病院に併設する礼拝堂がある。聖ルカ礼拝堂という‥
続きを読む
荘厳な祈りの空間「聖ルカ礼拝堂」

第38回

木の香りがするSRC造「木材会館」
木造も耐火構造としての認定を受け、今では防火地域や大規模建築物が相当数建設されている。しかし、耐火構造と言っても木材は燃えてしまうので、せっこうボードでしっかりと木材を被覆する方法が取られている‥
続きを読む
木の香りがするSRC造「木材会館」

第37回

共通項を探せ!「京町屋」 その2
京町屋の意匠で共通しているが1階の通りに面した窓に格子が嵌められていることである。この格子が京の街並みを印象付けていると言ってもよいだろう。どの家の格子も必ず縦格子。でも良く見ると家によって格子のデザインが違うことに気がつく‥
続きを読む
共通項を探せ!「京町屋」 その2

第36回

共通項を探せ!「京町屋」 その1
京都には「町屋」と「町家」に表現する建築がある。どちらも「まちや」と読むのだが、その建築物が主に店舗として利用されている場合は「町屋」、住宅として利用されている場合は「町家」と表現するようである‥
続きを読む
共通項を探せ!「京町屋」 その1

第35回

市中の山居「根津美術館」
地下鉄・表参道駅から、JR原宿駅方面とは反対に向かう道路沿いには、プラダブティック、南青山スクエア、カルティエ南青山ブティック、ヨックモック本社ビル、コレッツィオーネと、僅か500mの間に有名建築が建ち並ぶ建築ストリートである。その通りの突き当りに、竹の生け垣で囲まれた中にグレーの大きな切妻屋根の建築物が2009年10月に現れた‥
続きを読む
市中の山居「根津美術館」

第34回

木造のパルテノン神殿「カトリック築地教会」
東京には色々な様式やデザインの建築物があるものだとつねづね感心しているのだが、まさかパルテノン神殿があるとは思わなかった。パルテノン神殿と言っても古代ギリシャの神を祭っているのではなくキリストである。その建物の名はカトリック築地教会‥
続きを読む
木造のパルテノン神殿「カトリック築地教会」

第33回

地元建築家ならではの発想「アイヌ民族資料館」
有名な建築家と言えば、事務所は大都市圏に構え、全国で幅広く仕事を行っている人が多い。設計する際は、その地方の歴史と風土を理解するのだが、やはり限界があるのではないだろうか。その一方で、生まれ育った地元でその地域に貢献している建築家もいる。今回はそんな建築家の作品を紹介する‥
続きを読む
地元建築家ならではの発想「アイヌ民族資料館」

第32回

平成21年竣工の明治27年建築「三菱1号館」
東京駅から歩いて数分、東京中央郵便局の裏側に、近代的な高層ビルとは対照的に3階建て赤レンガ建築が凛と建っている。実は、この建築物は今年(平成21年)に竣工したばかりの明治27年当時の三菱1号館を復元した新築である‥
続きを読む
平成21年竣工の明治27年建築「三菱1号館」

第31回

風と光の巧みな演出「風の教会」
数年前の8月上旬、連日真夏日の茹だるような暑さの中私は神戸にいた。これから六甲山に向かうところである。目的地は六甲オリエンタルホテル。でも宿泊が目当てではなくホテルの敷地内の教会を見学するためである‥
続きを読む
風と光の巧みな演出「風の教会」

第30回

強い個性を持ちながらも存在感を消している「鬼石多目的ホール」
そんなことを憂いているときに、建物の個性を強烈にアピールしながらもその存在感を消すという、相反する問題をクリアしている建築物を見つけた。鬼石多目的ホールである。名前の鬼石とは、地名、群馬県藤岡市鬼石(おにし)である。日本の銘石「山波石」の産地としても知られる‥
続きを読む
強い個性を持ちながらも存在感を消している「鬼石多目的ホール」

第29回

□いけど○い美術館「富弘美術館」
人口僅か3000人あまりの群馬県の山間部の村に、年間平均40万人が訪れる小さな美術館がある。客を引き付ける魅力は、もちろん建物ではなく展示されている作品である。そこは、星野富弘さんの作品を展示した富弘美術館である‥
続きを読む
コルビュジェが手本にした?「神奈川県立近代美術館」

第28回

コルビュジェが手本にした?「神奈川県立近代美術館」
今から遡ること約820年、鎌倉の地にその後約1000年続く武士の世の中の礎を築いた男がいた。源頼朝である。頼朝が鎌倉の地を選んだ理由の第一は、軍事的な理由であろう。鎌倉を訪れた人は良く分かると思うが、鎌倉は三方が丘陵、一方が海である。外からの侵攻にこれほど守りやすい土地はない。徳川家康も江戸幕府を開く際に、鎌倉を候補地の一つとしているほどである‥
続きを読む
コルビュジェが手本にした?「神奈川県立近代美術館」

第27回

可哀そうな建築「東京中央郵便局」
2009年2月末“何で今さら?”というニュースが飛び込んできた。鳩山総務相による東京中央郵便局の38階建の高層ビル化計画について、歴史的建築物の保存の観点から計画を見直すとの内容だった。工事が進んでいる最中に待ったをかけたことに対して、私が“何で今さら”と言っているのではなく、なぜ、再開発計画が持ち上がった時点で待ったをかけなかったかである。東京中央郵便局の再開発計画が発表されてから、建築界各方面から保存の要望が出されていたのに‥
続きを読む
可哀そうな建築「東京中央郵便局」

第26回

1か所で味わう2つのモダニズム建築「千葉県立中央図書館・千葉県文化会館」2
千葉県はオーケストラ活動が盛んで、小学校でオーケストラの部活動を持つ学校も少なくない。音楽コンクールでは毎年のように小中高の各部門で全国優勝していることからもこの県の音楽レベルの高さが伺える。また、プロやアマチュアオーケストラも数多く活動しており、それらのコンクールや発表の場のひとつが千葉県文化会館であることも影響してか、千葉県民には身近な存在とも言える建築物である‥
続きを読む
1か所で味わう2つのモダニズム建築「千葉県立中央図書館・千葉県文化会館」2


会員専用サービスメニュー一覧へ

サービスのご利用には会員登録が必要です。

会員登録はこちら